補償額が大きい

任意保険が持つ役割と補償

車やバイクといった乗り物を購入する時に必ず加入しなくてはいけないのが保険です。この保険は自賠責保険と任意の2種類があり、自賠責保険が必ず加入しなくてはいけないのに対し、任意保険は文字通り所有者が自分の意思で加入の有無を決めることができます。この任意保険に加入する大きなメリットの一つが補償額の大きさです。保険は万が一の事故の時に発生した損害の費用をまかなうのが主な目的ですが、加入が必須となっている自賠責保険は最高で3000万円までとなっています。事故の内容によって金額が異なるとはいえ、殆どのケースで3000万円を超えてしまうのが実情です。もしこの金額を超えてしまった場合には自己負担となってしまうため、個人での支払いは難しくなってしまいます。任意保険に加入をしておけばこの超えてしまった分のお金を補償してくれるので安心です。

任意保険で補償されている金額

任意保険に加入を検討する上で気になる人も多いのが事故が起きた時の補償される金額です。任意保険は大きく7種類の保険が用意されていて、選ぶ保険によって補償額が異なります。中でも特におすすめになるのが対人補償保険です。これは文字通り、車の事故で相手に怪我をさせてしまった時などに掛かる費用を補償するものです。車による事故は大きな怪我に繋がりやすく、治療費はもちろんのこと、万が一後遺症などが残ってしまった時には多額の費用を支払うことも考えられます。そうなった時に自賠責保険の3000万円だけではとてもまかなうことはできませんが、この保険に加入をしておけば無制限で補償されるので費用の心配がなくなります。車の事故の大半は何らかの形で人を巻き込んでしまうケースが多いことから、この対人補償はできる限り加入をしておくことが大切です。